苦手が克服できそうな職人技に・・・

7月24日放送のNHKのお昼の番組「ひるブラ」では、千葉県松戸市にある巨大クリーニング工場を取材し、紹介していました。

持ち込みが最も多いのがワイシャツで、3人がかりの工程ではあるものの、なんとワイシャツを1枚20秒であっという間に仕上げてしまうという、驚きの連係プレイが行われている非常に広大なクリーニング工場です。

このクリーニング工場の名前は番組内では放送されていませんでしたが、ポニークリーニングというところです。

とにかく広く、ワイシャツのプレスのところには手作業のアイロンがけ職人さんがいたり、洗濯物の選別、お直し、染み抜きなどにそれぞれ達人がいて、「○○のナントカさん」と呼ばれる熟練の技を持った人たちがいるのには、驚きました。

mariron、正直なところ、巨大クリーニング工場は機械作業でライン化されていると思っていたので、多くの人が連携して仕事をしたり、職人技を駆使しているとは思ってもみなかったため、目からうろこが落ちるとはこのことだと、見ていて感心しきりでした。

ポニークリーニングは宅配によるクリーニングサービスをおこなう会社ですので、ふとん宅配サービスや、保管&宅配サービス も行っています。

番組内での紹介はありませんでしたが、サイトを見ると詳しくわかりますので、気になる方はご覧になってみてください。

これからの時期、汗をかいて布団を洗いたいというとき、この巨大クリーニング工場の様子を見ていたmarironとしては、安心してポニークリーニングさんにお任せできそうな気がしました。

個人的には、イマイチへたくそなワイシャツのアイロンの掛け方の「シワを逃がすよう一方向にかけるべし」というアイロンの達人の教えに従って、ぜひやってみようと思ったmarironなのでした。


ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
*レビューブログからの情報です。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック